Top > スタッフブログ

スタッフブログ

詳細表示 リスト表示 検索

“トリを飾る”深紅の紅葉スポット

紅葉時期もピークを迎え、東北・北海道地方では初冠雪も記録し、いよいよ冬の足音が聞こえてきました。

さて、このブログでは、秋の行楽シーズン、それに弊社では感謝キャンペーン中ということもあり、約2ヶ月間にわたって、観光スポットやイベントなどを中心にご紹介させていただきました^^

まず、その『感謝キャンペーン:5,000円分割引券プレゼント』についてですが

おかげさまで、当初の予想をはるかに上回るペースで配布させていただき、10月には急遽増量させていただくほど大変ご好評を頂いております。

キャンペーンもいよいよ残り約1ヶ月を残すのみとなり、増量させていただいた割引チケットも残りわずかとなりましたが・・・

『いつも支えて頂いているお客様に喜んでいただきたい』

そういった思いからキャンペーンをスタートさせていただいたわけでございますので・・・

実は現在、再度の追加増量も視野に検討させていただいております v(=∩_∩=)

当面、キャンペーン期限まで配布させていただく予定ですので、是非たくさんのお客様のご乗船をお待ちしておりますm(__)m
※ご予約の際に、お問い合わせいただければ幸いに存じます。

・・・と、お知らせはこれくらいにして (* ̄ー ̄*)

冒頭でも触れましたが、約2ヶ月にわたり『秋』にまつわる各地のさまざまな話題をご紹介させていただきましたが・・・

今回は、その“トリを飾る”コチラのスポットをご紹介させていただきます ↓

国東六郷満山総寺院『両子寺』(国東市安岐町)です。

両子寺は、両子山の中腹に位置し、六郷満山の中では中山本寺、すなわち山岳修行の・・・・まぁ、いいや (* ̄ー ̄*)ヾ(・_・;)オイ

詳細はコチラでご確認ください m(__)m ↓
両子寺ホームページ



いわずと知れた安産子宝の神様として大変有名なこのお寺には、著名人の方々もお忍びで訪れているそうですよ ( ̄m ̄*)


※旧参道入口にある有名な仁王像です。

実は今回、両子寺をご紹介させていただいたのにはワケがあります。

子宝安産だけでなく、四季折々のキレイな風景、特に今の時期は、深紅の紅葉が見られる場所として県内でも大変有名なスポットなのです ↓

※撮影日:11月22日










色づき具合はもう一歩といったところですが、それでもこんなに素晴らしい紅葉を見ることができるんです v( ̄∇ ̄)

それに、こんな不思議な光景も・・・

『この木なんの木、気になる木〜♪』 ↓


さすが神々が宿る神秘のパワースポットですね・・・

岩に木が生えていらっしゃる ( ̄∇ ̄;)タラ〜


とにもかくにも・・・

両子寺の紅葉は一見の価値ありです!v(=∩_∩=)

間もなく紅葉の見頃を迎える両子寺に、皆様も是非一度訪れてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)
[登録日] 2011/11/23 22:32 | 固定リンク | コメント(4)
  • ▼ コメント
  • そうだ。船に乗って国東へ行こう。
    どこかで似たようなフレーズを聞きましたが・・・
    いいですね。紅葉。
    撮影頑張ってますね。
    いいですよ。
    岩に食らいつく木々。凄いものを見せていただきました。
    いや、国東は神秘の泉ですね。
    投稿者: ポチョムキン |2011/11/24 00:58
  • ポチョムキン様コメントありがとうございます。

    秋の話題の締めくくりに、両子寺の紅葉をご紹介させていただこうと思っていた、そのタイミングでポチョムキン様から紅葉のご要望がございました^^

    話題的には、丁度ご要望に沿えた形にはなったとは思いますが、写真の技術はまだまだですね^^;

    ブログでは伝えきれてないとは思いますが、両子寺の紅葉はホントに素晴らしいんですよ^^v

    それに、国東半島は、よく『パワースポット』と呼ばれてますが、その最たる理由がこの両子寺だと、実際にこの場所を訪れてみれば納得できる気がします^^
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2011/11/24 12:39
  • 安産、子宝の寺、双子と両子、語呂合わせで関係あるのでしょうか?
    国東は鎌倉仏教文化、(というかこれは芸術)の宝庫、又、自然芸術(紅葉)の宝庫ですね。
    投稿者: 和田JR |2011/11/25 20:49
  • 和田JRさまコメントありがとうございます。

    『双子と両子』で、安産子宝・・・

    そういわれてみれば、確かにそうですね!
    名前の由来と何か因果関係があっても不思議ではないような気がします^^

    こういった謎めいた部分が多いのも国東半島の魅力の一つなのかもしれませんね^^
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2011/11/26 12:38
▼ コメントの投稿
名前 必須

メールアドレス
※ メールアドレスは公開されません。
URL


コメント 必須 記号挿入

※ URLは自動的にリンクされます。

画像認証 必須
(半角)
※ お手数ですが、下の画像の中にある数字を上記へ入力してください。
画像認証
← 2019/11 →
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スタッフおすすめスポット
アーカイブ
RSS
あかねの郷・渓泉 選べる宿泊プラン レジャーパック くにさき六郷温泉「山翆荘」宿泊&フェリー往復パック