Top > スタッフブログ

スタッフブログ

詳細表示 リスト表示 検索

県内有数の紅葉スポット&名物のお茶屋さん

先日、近畿地方で『木枯らし1号』が吹いたという発表がありました。

“木枯らし1号”を調べてみると・・・ ↓
『10月半ばから11月末にかけて西高東低の冬型の気圧配置になったとき、北よりの風速8メートル以上の風が吹くとその風を「木枯らし」と認定する。そして毎秋最初の木枯らしを“木枯らし一号”として発表する。(この発表は近畿・関東地方でしか行われない)』

うん。まぁそりゃなんとなく分かります。

いや、しかし・・・

先月は1週間に一度、必ずシケの日が訪れておりましたので、上の説明を当てはめるとすれば、10月中旬からのシケはどれも木枯らし1号だったような気がするんですが・・・( ̄∇ ̄;)気のせい?


ただ、間違いなく冬は近づいてますよね (* ̄ー ̄*)


というわけで、私は今週、コチラのスポットに行ってみました ↓

日本の紅葉百選にも選ばれている『九酔渓』です v( ̄∇ ̄)

ご存知の方も多いでしょうが、大分県内では、深耶馬溪と並んで最も有名な紅葉スポットの一つで、『九重夢大吊橋』のすぐ近くということもあり、毎年この時期になると県内外から大勢の観光客が訪れています。

もちろん、私も毎年必ず訪れる“鉄板スポット”なんですよ ( ̄m ̄*)






う〜ん・・・色づきは、もうちょいですか? ( ̄∇ ̄;)

実は、訪れたのが今週の初めなので、おそらく今週末〜来週あたりには見頃を迎えるかもしれませんね (* ̄ー ̄*)


そして、九酔渓で一番の絶景ポイントにある“名物の”お茶屋さんといえばコチラ ↓

『桂茶屋』さん


何といっても、ここの名物は・・・( ̄m ̄*)フフフ


ジャン♪



ジャン♪



ジャン! ↓


『・・・・!!!!』 ( ̄▼ ̄||) タラ〜



ユニークでしょ? ( ̄m ̄*)

このように、紅葉シーズンになるとスタッフ全員が、たぬき?などユニークな格好に扮装し、お客さんを出迎えているんです。
※スタッフさんに声をかけられ、泣いてた子供さんもいましたが(笑)

もちろん、スタッフさんだけが魅力的なわけじゃなく・・・ ↓

手前に見えるのは足湯なんです。(写真左下)

『キレイな紅葉を眺めながら、足湯に浸かり、販売されている名物のヤマメの炭火焼きやお団子を食べる!』

これぞ、まさに“至福のひととき”ですね♪
田舎モンの私でさえ、そう思います(笑)

ちなみに・・・

足湯がある ⇒ 温泉がある! ※そんな方程式はありません。

そう!実は、ここには『九酔渓温泉』という、紅葉を眺めながら入れる絶景温泉もあるんですよ v( ̄∇ ̄)


というわけで・・・

九酔渓&桂茶屋さんの場所はコチラ ↓



間もなく見頃を迎える県内有数の紅葉スポット『九酔渓』に、皆様も是非訪れてみてはいかがでしょうか? v( ̄∇ ̄)

[登録日] 2012/11/03 15:25 | 固定リンク | コメント(2)
  • ▼ コメント
  • かなり気合入ってますね。
    お店の方も楽しんでるご様子で・・・
    でも、タヌキなんですか??鬼のようにも見えますが・・
    紅葉はもう少し寒くなると、ぐっと色づきそうですね。
    九州は心の底から楽しめるスポットが多くてうらやましいです。灯台下暗しかもしれませんが・・・
    自然を自分の体で十二分に楽しめるのが、九州の魅力なのかもしれませんね。
    姫島も含めて。
    一人旅なので、ツアーに参加できず残念です。
    投稿者: ポチョムキン |2012/11/07 01:28
  • ポチョムキン様コメントありがとうございます。

    上から7枚目の写真は確かに鬼ですが・・・
    基本的にスタッフさんの多くは『タヌキ』に扮装してます(^^)
    地元のTV局では「ユニークなお茶屋さん」として、頻繁に取り上げられており、県内ではかなり有名なお店なんですよ(^^)v

    また、私自身も毎年必ず一度は寄らせていただくお店なので、今や「秋の風物詩」として欠かせない存在となってます。

    ところで、九州は確かに大自然を満喫できるスポットが多く存在し、そこが最大の魅力かもしれませんが、私から見ると東京もかなり魅力ですよ!
    こちらにはない都市型のスポットは、私にとっては大きな憧れですね(^^)

    「灯台下暗し」本当にそう思います。
    地元にいると、当たり前の存在となり、その魅力に気付かないことも多いですよね。

    姫島パックは・・・原則としては、確かに2名様以上でのお申し込みとさせていただいております(^^;)
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2012/11/07 13:42
▼ コメントの投稿
名前 必須

メールアドレス
※ メールアドレスは公開されません。
URL


コメント 必須 記号挿入

※ URLは自動的にリンクされます。

画像認証 必須
(半角)
※ お手数ですが、下の画像の中にある数字を上記へ入力してください。
画像認証
← 2019/08 →
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スタッフおすすめスポット
アーカイブ
RSS
あかねの郷・渓泉 選べる宿泊プラン レジャーパック くにさき六郷温泉「山翆荘」宿泊&フェリー往復パック