Top > スタッフブログ

スタッフブログ

詳細表示 リスト表示 検索

夏休み直前特集!〜島根の魅力〜(後編)

梅雨入りしてから、1ヶ月半あまり・・・

ようやく今月8日に梅雨明けが発表されました!v( ̄∇ ̄)

中国地方では平年より13日、昨年より9日早く、九州北部地方では平年より11日早く、なんと昨年より15日も早い梅雨明けだそうです。

確かに例年は、夏休み直前に梅雨明けのイメージだったんですが、やっぱりかなり早かったんですね ( ̄∇ ̄;)

そして・・・梅雨明けした途端、一気に暑くなりました ( ̄▼ ̄|||)


関東地方や近畿地方の一部では35℃を超える猛暑日が、観測史上最長となる6日間以上を記録するなど、各地で猛烈な暑さとなってます。


今年も暑い夏となりそうですが・・・

皆様、熱中症などにはくれぐれもお気をつけ下さいね ( ̄∇ ̄;)



では、早速本題に入りますね!

今回は、前回に引き続き『島根の魅力(後編)』として、“縁結び”をテーマに、2つのスポットをご紹介させていただきます!v( ̄∇ ̄)


島根県で『縁結び』といえば・・・

もう皆さんご存知のコチラのスポット! ↓


“縁結びの神様”として全国的にも有名な「出雲大社」ですよね! v( ̄∇ ̄)




実は今年、島根県は「日本一最強のパワースポット」と言われているんです!O(≧∇≦)O


その理由は、なんといってもコレ! ↓

『平成の大遷宮』

※遷宮とは ↓
『御神体や御神座を本来あったところから移し、社殿を修造し、再び御神体にお還りいただくこと』





諸説ありますが、「神社は清浄である事が必要とされているため、遷宮を行えば、神の力がリフレッシュされる」と言われています。

しかも、出雲大社の大遷宮は、60年に一度しか行われません!


つまり・・・

一生に一度しか巡り合えない最強に幸運な年!

という事になるんですよね!ヾ( ̄∇ ̄=ノ


あ、そうそう!

なぜ出雲大社が、縁結びの神様として崇めれているかというと・・・

コチラ ↓

出雲大社の祀神である、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)


「ムスビの御神像」

大国主大神が両手を挙げて、海の神から「幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)」を受け取っているシーンが、モニュメントとして境内に再現されてました。

大国主大神は、この幸魂奇魂の「おかげ」を受け取ったことで、生き物が幸福になるための「縁」を結ぶ「えんむすびの神」となる神性を養った、と言われているんです (* ̄ー ̄*)


ちなみに、これは余談ですが・・・

10月は別名「神無月(かんなづき)」と呼ばれていますが、ここ出雲地方だけは「神在月(かみありづき)」と呼ばれているんですよ!

その理由は、『全国の神様が出雲に集まるから!』と言われているからなんですね (* ̄ー ̄*)


いやいや、全国の神様が集まるって・・・

そりゃ、出雲地方が「パワースポット」と呼ばれるはずです ( ̄∇ ̄;)


「出雲大社」の場所はコチラ ↓



今までに訪れた事がある方はもちろんですが、特にまだ訪れた事がない方は、是非この機会に出雲大社を訪れていただき、“最強の良縁”を求めて参拝されてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)



さて、続いてご紹介させていただくのは・・・


現在、若い女性に大人気のスピリチュアルスポット!

それがコチラ! ↓

松江市にある『八重垣神社』です! v( ̄∇ ̄)






もちろん出雲大社ほど、全国的な知名度はありませんが、『良縁に恵まれる神様』として、特に若い女性の方にとっては出雲大社に並ぶほど人気がある神社なんですよ! v( ̄∇ ̄)


まずその所以が、この神社に祀られている主祭神

日本神話で有名な「八岐大蛇(やまたのおろち)」を退治したことで知られる『素盞鳴尊(すさのおのみこと)』と、その妻である『稲田姫命(いなたひめのみこと)』の夫婦神なんです。

この夫婦の言い伝えについては、詳しくご紹介させていただくとあまりにも長文になってしまいますので、簡単に説明すると・・・


絶体絶命のピンチにヒーローが颯爽と登場し、紆余曲折がありながらも、最後はめでたくヒロインと結ばれるという

最高にドラマティックなラブストーリー!


・・・です ( ̄m ̄*)ヾ( ̄∇ ̄;)オイ


そんな素敵な神様が祀られている八重垣神社ですが、なんといっても一番の魅力がコチラ ↓




この占い用紙を購入して、ある場所に移動します ( ̄m ̄*)


その場所が、境内の裏にあるコチラ ↓


「鏡の池」 ↓


神社で購入した占い用紙に、10円玉or100円玉を乗せて、この池に浮かべると、「良縁占いが出来る!」というものなんです v( ̄∇ ̄)


こんな感じ ↓



和紙の沈む速さで、良縁の訪れが早いか遅いかが分かり、また和紙が近くで沈めば身近な人と、遠くで沈めば遠方の人と結ばれるとされています。

このドキドキの“恋占い”こそが、若い女性を虜にしている人気の理由なんです! v( ̄∇ ̄)


詳しくは、コチラの看板をお読み下さい ↓



そうそう!ちなみに私は・・・


一瞬で沈みました! ( ̄▼ ̄|||)アラ?


これは恐らく、取材時に降ってた“大雨の影響によるもの”・・・だと思うんですが、巫女さんのお話によると、『それ(雨の影響)も含めてあなた様の運命なんです』との事でした。
※で、私の運命はいかに???


つまり、雨の日に行くと・・・

良縁に恵まれやすくなる!!・・・かも(笑)


また、八重垣神社は他にも・・・

こんなありがたい神様や ↓

『陰陽神』
※おや?この神様、以前どっかで見たような・・・(笑)


こんな不思議な狛犬もいるんですよ ↓

※狛犬って、地域によって全然違うんですね・・・( ̄∇ ̄;)



「八重垣神社」の場所はコチラ ↓



良縁に恵まれ、恋占いもできる、話題のスピリチュアルスポット「八重垣神社」に、皆様も是非一度訪れてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)



というわけで・・・


『島根の魅力』と題して、2週にわたり4つのスポットをご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか? v( ̄∇ ̄)

もちろん、これはほんの一部で、中国地方にはまだまだたくさんの魅力的なスポットがあります!


ちなみに、今回私が訪れたスポットは ↓

『しまね海洋館アクアス→仁摩サンドミュージアム→石見銀山→出雲大社→日御碕(灯台&神社)→玉造温泉→宍道湖→八重垣神社→足立美術館→境港市内(直売センター・水木しげるロードなど)→蒜山高原→尾道市内(千光寺公園など)→広島市内(おこのみ村など)→宮島』
※2泊3日の行程([初日]竹田津4:20乗船、[最終日]徳山16:40乗船)


もしかしたら、九州の皆様にとっては、一見“縁遠い”ように感じるかもしれない中国地方ですが・・・実は意外に近いんですよ!

今年3月末に松江自動車道が全面開通した事により、中国道から浜田道・松江道・米子道と、各スポットへ向かうには、ますます早くて便利になりました!


今年の夏休みは是非、中国地方を巡る旅に出かけてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)

[登録日] 2013/07/13 16:27 | 固定リンク | コメント(4)
  • ▼ コメント
  • 出雲大社へはまだ訪問したことが無くて・・・
    そんなすごい年だったんですね。伊勢神宮が遷宮だったのは覚えていたのですが、出雲大社もとは・・・
    やはり神様はそこへたどり着くのですね。

    おー神様、最近元気ないです。
    しばし眺めてます・・・
    投稿者: ポチョムキン |2013/07/16 23:25
  • ポチョムキン様コメントありがとうございます。

    確かに、今年は伊勢神宮も「式年遷宮」ですよね!

    ただ、伊勢神宮が20年に一度に対して、出雲大社は60年に一度なんです!

    そして実は、伊勢と出雲の「遷宮」が重なる年は歴史上初めてらしく、今年は『奇跡の年』とも言われているそうなんですよ!(^^)v

    ちなみに、本文でもその事に触れようと思ったのですが、とにかく今回はあまりにも長文だったので・・・やむなく断念した次第です(TT)

    ところで・・・

    お体は大丈夫ですか!?
    最近は猛暑が続いておりますので、熱中症など、くれぐれも体調を崩されないようご自愛下さい(^^;)
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2013/07/17 00:20
  • いよいよ夏休みになりますね、家族で乗られるお客さんが増える時期になりました。中国地方からのお客さんはやはり、ハーモニーランドや杉の井ホテルが多いのではないでしょうか。
    投稿者: 温泉トラック |2013/07/19 21:57
  • 温泉トラック様コメントありがとうございます。

    今日が終業式で、明日から夏休みというお子さんがほとんどですね!(^^)

    ハーモニーランドさんや杉の井ホテルさんはもちろんですが、湯布院や城島高原さんなどなど、県内には魅力的なスポットがたくさんありますので、各地にご旅行される方も多いでしょうね!(^^)
    ※羨ましい限りです・・・(TT)

    弊社も現在、お得で大好評の5,000円特別割引チケットキャンペーンを実施させていただいておりますし、また夏休みに合わせて、オリジナルうちわプレゼントキャンペーンも始まります!

    是非、夏休みはたくさんのお客様にご乗船いただき、思い出に残る船旅を存分に楽しんでいただければと思っております(^^)v
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2013/07/19 23:00
▼ コメントの投稿
名前 必須

メールアドレス
※ メールアドレスは公開されません。
URL


コメント 必須 記号挿入

※ URLは自動的にリンクされます。

画像認証 必須
(半角)
※ お手数ですが、下の画像の中にある数字を上記へ入力してください。
画像認証
← 2019/12 →
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スタッフおすすめスポット
アーカイブ
RSS
あかねの郷・渓泉 選べる宿泊プラン レジャーパック くにさき六郷温泉「山翆荘」宿泊&フェリー往復パック