Top > スタッフブログ

スタッフブログ

詳細表示 リスト表示 検索

竹田津港から近い場所に、こんな魅力的なスポットが!?

今週になって気温もグッと下がり、一気に晩秋を感じるようになってきました。

晩秋というより、もはや冬の装い?

相変わらず、冬は駆け足でやってきますね ( ̄∇ ̄;)タラ〜


ただそうはいっても、大変過ごしやすい時期でもあります!

間もなく紅葉シーズンを迎えますし、お出かけには今がまさに「最適の季節」ですよね! v( ̄∇ ̄)

大分県には、九酔渓・深耶馬渓・用作公園などなど、九州を代表する魅力的な紅葉スポットが数多く点在します。

『県内の紅葉スポットを巡りながら、いろんな温泉も満喫したい!』

そんな欲張りな旅を可能にしてくれるのも「おんせん県おおいた」の大きな魅力なんですよね♪


では、本題に入ります (*^^*)


今回ご紹介させていただくのはコチラのスポット ↓


竹田津港からお車でわずか10分程度!
国東市国見町岐部にある『国見ふるさと展示館』です v( ̄∇ ̄)


国見ふるさと展示館は、幕末期に築造された旧庄屋屋敷・有永邸を国東市(旧国見町)が買い取って修復したもので、木造2階建ての母屋を中心に、離れや蔵、日本庭園などが配置され、施設そのものが重要な文化財となっています。


“庄屋”といえば・・・

『お主も悪よのう。イッヒッヒッヒ♪』
『いえいえ、お代官様ほどでは。ヒャッヒャッヒャ♪』

な〜んて会話が聞こえてきそうですが、ここは違うと思います・・・多分 ( ̄m ̄*)ヾ( ̄∇ ̄;)オイ


また冒頭から話が逸れてしまいました ( ̄∇ ̄;)スイマセン


さて、まずご紹介するのは、郷土の先哲『ペトロ・カスイ岐部神父』について

とはいっても、ご存知の方は少ないでしょうが・・・


こんな方 ↓


『ペトロ・カスイ・岐部( - きべ、日本名・実名:岐部 茂勝(きべ しげかつ)、1587年 - 1639年7月4日)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての日本人キリスト教徒、イエズス会司祭。ローマへの途上、日本人としてはじめてエルサレムを訪問。近世初頭の日本人の中で最も世界を渡り歩いたため「日本のマルコ・ポーロ」「世界を歩いたキリシタン」ともいわれる。』
※Wikipedia参照


その波乱万丈な生涯がいかなるものだったのか・・・

それが、こちらの展示館で詳しく知る事ができます ↓





※「日本の精華」 1646( 正保3 )年  ローマ刊


石仏や古寺が点在し「仏の里」と称されるほど、仏教文化のイメージが強い国東半島ですが、 ペトロ・カスイ岐部神父の影響なのか、実はキリスト教徒も多く存在したんですよ。

ただ、当時は今のように「宗教の自由」がなかった時代です。

禁教令により、キリスト教は厳しく禁止されていた為、信徒は「隠れキリシタン」として密かに信仰を続けていました。

国東半島には、その痕跡が数多く残っているんです ↓



そんなペトロ・カスイ岐部神父の資料館としても活用されている有永邸ですが、何と言っても一番の魅力は、築140年以上とも言われる家の造り、そして庭園なんです! v( ̄∇ ̄)


この大変趣深い空間を活用して、国東六郷満山文化・民俗文化の紹介や地元芸術家さんの作品などが展示されています ↓




国東半島を中心に活動されている芸術家さんたちの作品(一部) ↓




また、地元国見が生んだ偉大な洋画家:江藤哲画伯ほか、国見町出身の陶芸家・工芸家の作品が展示されている部屋がコチラ ↓

※本来は撮影禁止ですが、今回特別に許可をいただきました m(__)m

こういった荘厳な雰囲気の中で見ると、作品が一層引き立ちますよね (*^^*)


そして、私の一番のお気に入り♪

「有永邸の庭園」がコチラ ↓




CMに出てきそうな、京都のお寺さんみたいな佇まいですよね!

近代的な建物が増えてきた中で、こういった雰囲気はホントに落ち着きます (*^^*)
※年のせい?(笑)


※離れの二階から撮影した有永邸の全景


以上が、「ふるさと展示館」の魅力ですが・・・


実は、もう一つ大きな魅力があるんです! v( ̄∇ ̄)


それが、敷地内にあるコチラ ↓

「お食事処:城山亭」さん



地区の女性グループがつくる素朴な田舎の味は、100%が国見の材料で、名物である「古代米(赤米)」を使った料理は、地元の方はもちろん、遠方からもわざわざ訪れるほど大人気なんですよ v( ̄∇ ̄)


中でも一番人気のメニューはコレ ↓


国見特産であるタコを使った「たこカレー」(600円)

・・・とはいっても、単に肉の代わりにタコを入れただけのカレーじゃないんですよ ( ̄m ̄*)

タコを溶けるくらいまで柔らかくじっくりと煮込んでいるため、タコの風味がスゴイ! O(≧∇≦)O

少しモチっとした赤米との相性も抜群で、とっても美味しいんです!


そして、同じく人気なのがコチラ ↓

ランチ定食(揚物・お汁付)

このボリュームでなんと500円! Σ(゜Д゜ノ)ノ

しかも!
いずれのメニューにも・・・ソフトドリンク(単品300円)が付いてくるんです!! O(≧∇≦)O

つまり、カレーだと300円で、定食だと200円で食べられる!?
※その感覚はちょっと間違ってるかもしれませんが(笑)


“お得で美味しい!”とくれば、人気があるのは当然ですよね! v( ̄∇ ̄)


最後に、是非お土産で買っていただきたいのはコチラ ↓

赤米大福(400円)

中に入っているあんこは、ほどよい甘さの「白あん」で、お多福豆の皮を丁寧にむいて作った素朴で優しい味わい。

まさに“おふくろの味”ですね! (*^^*)


というわけで・・・


場所はコチラ ↓



お問い合わせは下記まで ↓

【国見ふるさと展示館】
所在地:大分県国東市国見町大字岐部
TEL:0978-83-0321
開館時間:9:00〜17:00
休館日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日)12/29〜1/3
入館料:大人¥200-. 中学生以下は無料


実は今回初めて訪れたんですが、あまりにも魅力的な施設だったので、正直かなり驚きました。
「灯台下暗し」とはまさにこの事!今までご紹介してなかったのが恥ずかしく思えるほど、魅力的なスポットです!

竹田津港からはお車でわずか10分程度なので、フェリーをご利用のお客様は、是非お気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)
[登録日] 2013/10/19 19:05 | 固定リンク | コメント(2)
  • ▼ コメント
  • 凄いですね。建物に芸術に食にと、これでもかと迫る国東の魅力。東回り、侮れませんね。
    何食国東で食べれば、国東マイスターになれるのでしょうか。またひとつ悩みどころが増えました。
    あの量であの値段・・・・
    投稿者: ポチョムキン |2013/10/21 22:35
  • ポチョムキン様コメントありがとうございます。

    ふるさと展示館さんは、おっしゃるとおり国東の魅力がまるごと詰まったようなスポットなので、ここを訪れれば、国東の歴史・文化を肌で感じる事が出来ます(^^)

    また、城山亭さんの魅力である赤米を使った料理ですが、実はこの貴重な赤米も、地元の女性グループの方々が手間暇かけて、丹精込めて作ってるんですよ(^^)

    女性グループとは言っても、少しご年配の・・・私からみれば、いわゆるおばあちゃん世代ですが、そのイキイキとした表情、そして人柄も魅力の一つなんです!(^^)

    国東マイスター・・・40年近く住んでいる私でさえ未だ知らない事が多いので、おそらく1泊じゃ無理だと思います( ̄m ̄*)
    まさに『ローマは一日にしてならず』ですね(笑)
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2013/10/22 11:25
▼ コメントの投稿
名前 必須

メールアドレス
※ メールアドレスは公開されません。
URL


コメント 必須 記号挿入

※ URLは自動的にリンクされます。

画像認証 必須
(半角)
※ お手数ですが、下の画像の中にある数字を上記へ入力してください。
画像認証
← 2019/08 →
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スタッフおすすめスポット
アーカイブ
RSS
あかねの郷・渓泉 選べる宿泊プラン レジャーパック くにさき六郷温泉「山翆荘」宿泊&フェリー往復パック