Top > スタッフブログ

スタッフブログ

詳細表示 リスト表示 検索

大分の海産物をお求めの方にオススメのスポット!

2週続けて全国各地に大雪をもらたした『大寒波』は、やっと峠を越えたみたいですね ( ̄∇ ̄;)

今週は気温もグングン上昇し、久しぶりに春らしい陽気が戻りました! (*^^*)

天気予報を見る限り、今後は徐々に暖かくなっていくみたいですし・・・

もう今度こそ大丈夫!!・・・かな? ( ̄m ̄*)ヾ( ̄∇ ̄;)オイ


このブログでも、そろそろ春の話題をお届け出来るかもしれません♪(*^^*)



では、本題に入ります v( ̄∇ ̄)


今回は、多くの観光客の方が訪れている別府市から、魅力いっぱいのスポットをご紹介させていただきますね! (*^^*)


それがコチラ! ↓


別府国際観光港のすぐそばにある「海産物問屋:浜商(はましょう)」さん




「大分の海産物をお買い求めいただくならココ!」っていうくらい、新鮮で豊富な種類が魅力の海産物問屋さんなんですよ! v( ̄∇ ̄)


店内の様子がコチラ ↓



広々としたスペースに、地元大分で獲れた魚の干物などがズラリと並んでいます ↓



中でも、店長さん一押しなのがコチラの商品 ↓


そう!「アジの開き」です! v( ̄∇ ̄)


なんといっても、水揚げされたばかりの魚をそのまま魚市場で加工し、その日のうちに店内に並べているという新鮮さ!


これが大きな魅力なんです! O(≧∇≦)O


この瑞々しい感じ、お分かりいただけますでしょうか? ↓


朝のおかずには堪らない一品ですよね! (*^^*)


この「あじの開き」も大変人気が高いんですが、実はもっとお得に、そして最もよく売れている商品があるそうなんです!ヾ(^o^)/


それがコチラ ↓



「干物セット」2,100円〜


店内で販売されている数々の干物をセットにしたもので、それぞれを単品で購入されるよりもかなりお得だそうですよ ( ̄m ̄*)


お土産はもちろん、贈答品などでも大変喜ばれているそうです (*^^*)


また、海産物だけではなく大分の名産品や特産品も数多く取り扱っています ↓




そして、実は・・・

浜商さんの魅力は、これだけではありません!! d(⌒o⌒)b


それは、同じ敷地内にあるコチラのお店 ↓


「お食事処:浜鮨 」さん




※個室も完備 ↓


ここで、新鮮な魚を使ったさまざまな料理が堪能出来るんです!ヾ(≧∇≦*)ゝ


数ある魅力的なメニューの中でも、まず私がオススメしたいのはコチラ! ↓


「海鮮丼」1,800円(水曜日限定:1,500円)




まるで、「花びら」みたいでキレイですよね〜♪ (*^^*)
※決して、「魚の宝石箱やぁ〜♪」とは言いません・・・あしからず ( ̄m ̄*)フフフヾ( ̄∇ ̄;)オイ

地物の魚を中心に、いくらやホタテ、サーモンなどを豪華に盛り合わせた贅沢な海鮮丼!


これ、ホントに旨いですよ!O(≧∇≦)O


そして、もう一つ!

是非皆様に召し上がっていただきたいのが、大分の名物を堪能できるコチラのメニュー ↓


「鳥天」と「りゅうきゅう」のセットです。
※1,490円


あ、そういえば・・・

皆さんは「りゅうきゅう」っていう料理をご存知でしょうか?


コレですね ↓


大分近海で獲れる、アジ、サバ、ブリ、カンパチといった新鮮な魚の切身を、醤油、酒、ミリン、ショウガ、ゴマ他を合わせたタレに漬け込んでからいただく大分の郷土料理なんです。


元々は、「漁師さんたちが獲れた魚を保存するために作っていた料理」と言われ、刺身にした残りを美味しく食べるために作られていたそうですが、刺身とはひと味違うトロッとした食感と、ほどよく染み込んだ醤油の味わいと旨味、香ばしいゴマの香りが、クセになるほど美味しいんですよ!(*^^*)


「生魚が苦手」と言うお子様などでも、喜んで食べて頂けるのではないでしょうか v( ̄∇ ̄)


そんな「りゅうきゅう」を存分に味わえる『りゅうきゅう丼』や、海鮮ちらし、またワンコイン(500円)で食べられる人気の日替わりメニュー(限定20食)などなど、大分の魅力がたっぷりと詰まった料理の数々を楽しむ事ができるんですよ! (*^^*)


というわけで・・・


場所はコチラ ↓



詳細&お問い合わせはコチラ ↓

【海産物問屋:浜商】

・公式サイトはコチラ
・facebookはコチラ

住所:大分県別府市石垣東7丁目1−36
TEL:0977-21-3345
営業時間:AM8:00〜PM5:00(季節により変更の場合あり)
※夏期休業8月14日・15日、冬期休業1月1日・2日


新鮮さにこだわった魚、豊富な種類、また妥協を許さずおいしさを追求したお食事などなど、魅力がいっぱい♪

大分のお土産で海産物をお求めの方は是非、『海産物問屋:浜商』さんを訪れてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)
[登録日] 2014/02/22 18:10 | 固定リンク | コメント(4)
  • ▼ コメント
  • 温泉を積む間に行けそうですね、バイクでチャラっと行こうかな。鳥天りゅうきゅうセット食べてみたいですね。
    投稿者: 温泉トラック |2014/02/22 18:51
  • 温泉トラック様コメントありがとうございます。

    確かに、温泉トラック様であれば・・・本気で行けそうですね ( ̄m ̄*)

    とり天はサクッと、りゅうきゅうはトロッとして、抜群に美味しいですよ!(^^)v

    本文でもご紹介させていただきましたが、手軽に食べられる日替わり定食などもございますので、お時間がございましたら、是非一度訪れてみて下さい!(^^)
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2014/02/22 21:59
  • こんなところがあったんですか。
    いつも海辺のセンターばかり行ってました。
    しかも大晦日もやってそうですし・・・・
    こんどこそ。
    りゅうきゅうは琉球と関係があるんですかね。
    投稿者: ポチョムキン |2014/02/23 15:04
  • ポチョムキン様コメントありがとうございます。

    毎年別府を訪れているポチョムキン様でもご存知なかったんですね。

    浜商さんは、別府では有名な老舗の海産物問屋さんで、以前からご紹介させていただこうと思っていたんですが・・・スケジュールの都合上、なかなか取材に行くことが出来ず、こんなにも遅れてしまいました(^^;)

    年末の営業について直接は聞いておりませんが、HPを拝見する限りでは、営業されてるようですね!(^^)

    さて、大分の郷土料理「りゅうきゅう」の名前の由来ですが、その名前から、どうしても沖縄の「琉球」を連想しますよね。

    ただ、沖縄では魚をタレに漬けて食べる郷土料理がないため、そのルーツは謎とされているそうです。

    諸説では、ゴマを和える調理法である「利休和え(りきゅうあえ)」から名付けられたとも言われているようですが・・・

    結局のところ、私にもよく分かりません(^^;)
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2014/02/23 16:25
▼ コメントの投稿
名前 必須

メールアドレス
※ メールアドレスは公開されません。
URL


コメント 必須 記号挿入

※ URLは自動的にリンクされます。

画像認証 必須
(半角)
※ お手数ですが、下の画像の中にある数字を上記へ入力してください。
画像認証
← 2019/10 →
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

スタッフおすすめスポット
アーカイブ
RSS
あかねの郷・渓泉 選べる宿泊プラン レジャーパック くにさき六郷温泉「山翆荘」宿泊&フェリー往復パック