Top > スタッフブログ

スタッフブログ

詳細表示 リスト表示 検索

手作りにこだわったユニークなカフェ♪

皆様、春休みはいかがお過ごしでしょうか?

・・・って、休みは学生さんだけですね ( ̄∇ ̄;)タラ〜


ここにきて春らしい陽気が続いており、ようやく桜の開花の話題も聞こえてくるようになりました (*^^*)


え〜、そんな中、私はと申しますと・・・

風邪をひいてしまいました〜!(T-T)

今週はずっと、“インフルエンザではない”高熱にうなされていたんです(T-T)

高熱の原因は、扁桃腺の腫れ!

ですが・・・本当の原因は、私の完全な“油断”です (笑)

季節の変わり目ですので、皆様も体調にはくれぐれもお気を付け下さいね ( ̄∇ ̄;)


では早速、本題に入りますね v( ̄∇ ̄)


今回はいつもとは少し趣向を変えて、ちょっぴりユニークなスポットをご紹介させていただきたいと思います ( ̄m ̄*)フフフ


それがコチラ ↓


国見町向田海岸にある「海の家」・・・じゃなかった

海の家を改装してオープンしている『古道具と珈琲 ことり』さん v( ̄∇ ̄)



ヴィンテージな小物やレトロでポップな雑貨たちに囲まれ、のんびりと海を眺めながら、珈琲と自家製スウィーツを楽しむ事が出来る、“雑貨カフェ”なんですよ (*^^*)






店内は、可愛いアンティーク雑貨がいっぱい♪


どこか懐かしく感じられ、とてもゆっくりとした時間が流れます (*^^*)


さて、そんな可愛い雑貨が魅力的なことりさんですが・・・

何と言っても、一番の魅力はコレ! ↓


生のコーヒー豆を自家焙煎しているんです! d(⌒o⌒)b
※コーヒー豆って、こんな色をしてるんですね・・・


そして、これがことりさん自慢の「珈琲豆焙煎機」!


この焙煎機もかなりアンティーク感が漂ってますよね〜 (*^^*)


お値段は言えませんが、かなりお高いものだそうですよ ( ̄m ̄*)


この機械で焙煎された自慢のコーヒー豆がコチラ ↓


ようやく、おなじみのコーヒー豆の色になりました。


この焙煎された豆を挽いて、昔ながらの方法で丁寧にお湯を注いでいきます ↓




※一杯300円より

酸味が強いコーヒーは苦手な私ですが・・・

ことりさんのコーヒーは、苦みと酸味とコクのバランスが絶妙で、とっても美味しい! O(≧∇≦)O


ちなみに、コーヒーに添えられている砂糖は「きび糖」

普通の砂糖に比べて、優しい甘さが特徴で、コーヒーの味を引き立ててくれます♪


このこだわりのコーヒー豆は全部で4〜5種類あり、お店でも販売されているので、是非お買い求めいただいてみてはいかがでしょうか (*^^*) ↓


大(200g)900円
中(100g)480円
小( 40g)230円


そして、ことりさんのもう一つの魅力が手作りのお菓子!

日や季節によって、シフォンケーキやタルト、カヌレやマドレーヌなどなど、さまざまなお菓子を楽しむ事が出来るんです ↓

※写真はごく一部


手作りのお店だけに、訪れる度に全く違った雰囲気が楽しめると思います v( ̄∇ ̄)



今後どのようなお店に変わっていくのか・・・そんな興味も膨らみますよね♪ (*^^*)


というわけで・・・


場所はコチラ ↓



詳細&お問い合わせはコチラまで ↓

【古道具と珈琲 ことり】
・facebookは⇒コチラ

[住所] 国東市国見町向田1869-3
[TEL] 090-9659-9609
[営業日] 金曜・土日祝日 ※平日はお問い合わせ下さい。


皆様も機会がございましたら是非一度、手作りにこだわったアットホームな雰囲気が魅力的なカフェ「古道具と珈琲 ことり」さんを訪れてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)
[登録日] 2014/03/29 17:00 | 固定リンク | コメント(2)
  • ▼ コメント
  • 日向には、年末自転車で走りましたが、見たような見なかったような・・・。
    日向のバス停よりも海岸よりでしょうか。
    コーヒー豆って白いんですね。知らなかったです。
    売船中はものすごくいい香りにつ連れますから、その時に行けば至福の時になりますよね。
    このコーヒーはサイフォンで入れて楽しみたいですね。
    ケーキも一緒に。問題は別府を目指さず、ここで折り返しができるかどうかかな。いや、姫島へ行くのにリンクして・・・ただ結構アップダウンあるんですよね。この道は・・



    投稿者: ポチョムキン |2014/03/30 02:13
  • ポチョムキン様コメントありがとうございます。

    前回お越し頂いた際は国東廻りだったので、恐らく向田海岸の前は通られたと思います(^^)

    ただ・・・気付かないと思います(^^;)

    看板も小さいですし、ご存知なければ、外見だけではほとんど分からないと思われますので・・・(^^;)

    ちなみに、もちろんバス停よりも海岸寄りです!・・・と言うより、海岸の中(海水浴場の駐車場)にあります(笑)

    国東廻りは、確かにアップダウンが激しい道が続きますよね(^^;)
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2014/03/30 10:29
▼ コメントの投稿
名前 必須

メールアドレス
※ メールアドレスは公開されません。
URL


コメント 必須 記号挿入

※ URLは自動的にリンクされます。

画像認証 必須
(半角)
※ お手数ですが、下の画像の中にある数字を上記へ入力してください。
画像認証
← 2019/10 →
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

スタッフおすすめスポット
アーカイブ
RSS
あかねの郷・渓泉 選べる宿泊プラン レジャーパック くにさき六郷温泉「山翆荘」宿泊&フェリー往復パック