Top > スタッフブログ

スタッフブログ

詳細表示 リスト表示 検索

玖珠周辺にあるちょっぴりユニークな滝シリーズ

22日未明、広島県北部地方で集中豪雨による大規模な土砂災害が発生いたしました。

朝のニュースで知り、あまりの衝撃に言葉を失いました・・・。


広島県は、弊社のお客様の半数以上という大変多くの方々にご利用いただいているため、大変心を痛めております。

亡くなられた方のご冥福をお祈り致しますと共に、被災された方々に対しまして心よりお見舞い申し上げます。


現在、懸命の救助活動が続いておりますが・・・とにかく一刻も早い救出と、一人でも多くの方の無事を切に祈っております。



大変気が重いですが・・・


気を取り直して、本題に入りますね。


今回のテーマは、ずばり「滝」! v( ̄∇ ̄)


マイナスイオンいっぱいの癒しのスポットです♪ ヾ(≧∇≦*)ゝ


さて「滝」といえば・・・もちろんさまざまな形がありますが、一般的には『華厳の滝』や『那智の滝』のような滝をイメージされる方が多いのではないでしょうか?


大分県内にもさまざまな滝がありますが、中でも玖珠周辺にある滝は他とはちょっと違うユニークなものが多い事に気付き、先日ちょうどお仕事で訪れる機会があったので取材して参りました! (*^^*)


ということで今回は、私がオススメするユニークな滝を3か所ご紹介させていただきますね! v( ̄∇ ̄)


まずはコチラ ↓


玖珠郡九重町にある「龍門の滝」です


この滝のちょっぴりユニークなところ


それがコチラ ↓



滑れます!! v( ̄∇ ̄)




正確には「滝つぼに溜まった水が流れ落ちるところ」を滑るんですが・・・

約50メートルのなだらかな岩床を一気に滑る感覚はスリリングで爽快そのもの!

まさに、天然のウォータースライダーです! O(≧∇≦)O


滝のそばにはキャンプ場をはじめ、食事処やお土産やさんも立ち並んでおり、夏休みになると多くの家族連れで賑わう県内でも有数のアクティビティースポットなんですよ♪ (^∇^d)


場所はコチラ ↓
 



続いてご紹介するのは、コチラ ↓


玖珠町山浦にある「三日月の滝」です


正直、あまり有名な滝ではありませんが・・・

でも、もしかしたら滝マニアの方も唸っていただけるような滝かもしれません( ̄m ̄*)

・・・いろんな意味で(笑)


それではいきます


この滝のちょっぴりユニークなところ


それがコチラ ↓



落差が低い!!(笑)


上から見ても ↓



横から見ても ↓



やっぱり低い!(笑)


もはや、「滝」と呼べるのかどうか・・・ ( ̄∇ ̄;)


目視では4〜5mほどの落差ですが、公式スペックでは「落差約10m、幅約50m」だそうです ( ̄∇ ̄;)ソンナニアルノ?


おそらく「滝」という名前が付く中では、全国でも指折りの低さではないでしょうか。


ちなみに「三日月」という名前は、滝の落ち口が三日月のように弧(こ)を描くようになっていることから名付けられたそうで、別名“ミニナイアガラ”とも呼ばれているそうです。


あ、そうそう!

これは余談ですが・・・


滝のすぐ横にある“ビュースポット”に、こんな方が!? ( ̄m ̄*) ↓



てっきり滝を描いてるのかと思いきや・・・





違うんか〜い!! 


・・・と、突っ込んでしまったことは言うまでもありません(笑)



以上、今週の小ネタでした ( ̄m ̄*)ヾ( ̄∇ ̄;)オイ



場所はコチラ ↓




そして、最後にご紹介するのがコチラ ↓



日田市天ヶ瀬町との境にある「慈恩の滝」です




上段が約10m、下段が約20mという二段落としの滝で、とても美しい滝です。



一見、“王道の滝”に見えますよね?

でもやっぱり、他とはちょっと違うんです ( ̄m ̄*)


それではいきます


この滝のちょっぴりユニークなところ


それがコチラ ↓



そう!

裏側から見る事が出来るんです! v( ̄∇ ̄)



初めて滝の裏側から見たんですが・・・大迫力ですね!!(^∇^d) 




・・・そして、やっぱり濡れました(笑)


風向きや水量によって変わるんでしょうが、取材時のように大雨の後に一周しようとすると・・・多分、必ずどこかのポイントで軽い滝行をするハメになると思われます ( ̄▼ ̄|||)カメラは大切に・・・




慈恩の滝は、別名「裏見の滝」とも呼ばれ、県内でも有数の「名瀑」として知られており、あの人気特急「ゆふいんの森号」や豪華クルーズトレイン「ななつ星」は、ここを通過する際にスピードを落とし、アナウンスされるそうですよ。

なかなか粋な演出ですよね (*^^*)


場所はコチラ ↓




以上、玖珠周辺にあるちょっぴりユニークな滝を3か所ご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか? ( ̄m ̄*)


いずれも国道210号線沿い、またはほど近い場所にありますので、気軽に立ち寄っていただく事ができます (*^^*)

近くには天ヶ瀬温泉もありますので、ドライブなどで通る機会がございましたら是非、ちょっとユニークな滝めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)
[登録日] 2014/08/23 16:10 | 固定リンク | コメント(10)
  • ▼ コメント
  • 乗る乗るといいながら6年、ついに8月23日の竹田津〜徳山行き23時40分出港に乗ります。16年ぶりかなぁ。今回は妻、小2の長男、1歳になったばかりの長女を連れての乗船です。夜中なのに赤ちゃんうるさくて他のドライバーさんたちには迷惑かけますが、よろしくお願いいたします。次回は景色が見れるよう昼間に乗船したいです。
    投稿者: まあくんぱぱ |2014/08/23 23:20
  • まあくんぱぱ様コメントありがとうございます。

    昨日はご乗船いただきまして誠にありがとうございました!

    16年ぶりにご乗船いただいたんですね!?
    本当にありがとうございます(T-T)

    それから、赤ちゃんの泣き声はお気になさらないで下さい(*^^*)

    既にご乗船いただいたのでお分かりかと存じますが・・・23:40便は十分に余裕がございますし、もしお気になさるのでしたら、船内に授乳室がございますので遠慮なくご利用くださいませ(*^^*)

    次回は是非、昼間の景色&船旅を楽しんでいただければ嬉しく思います (*^^*)

    改めまして、この度はご乗船いただきまして誠にありがとうございました。

    まあくんぱぱ様の又のご乗船をスタッフ一同心よりお待ちしております
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2014/08/24 09:25
  • 関東は暑く、日中は滴る汗と共に生活しておりますが、夜は鈴虫が無きはじめ、刻一刻と秋ば近づいております
    どぼんといろんな滝へ行ってみたいですね。
    楽しくて疲れ果て、気が付いたら夜になってしまいそうで。・・・今年の夏は異常ですね。
    幾分かの雨が東京で降ってくれれば、広島の被害も少なかっただろうに・・・そう感じてなりません。
    投稿者: ポチョムキン |2014/08/24 23:58
  • 別府にも乙原の滝がありますが、面白みに欠け、一度行ったものの二度目はありません。
    滝の段差は「低い」ではなく、「小さい」の方が的確な表現かと思いますよ。

    最近航海士ワダ氏の投稿がなく寂しい思いです。
    投稿者: とり |2014/08/25 05:13
  • ポチョムキン様コメントありがとうございます。

    お盆を過ぎると急に秋の気配になってきますよね。
    特に夕方は、何となく寂しい雰囲気が漂っています。

    実は・・・この感じがたまらなく好きな私です(笑)

    それにしても、今年はホントに異常気象ですね。

    梅雨時期よりも、お盆前から続く今の長雨の方がよほど梅雨みたいです( ̄∇ ̄;)

    しかも今年は、8月の前半こそ暑かったものの、後半は夏らしい天候がほとんどありませんでした。

    やはり異常ですね ( ̄∇ ̄;)

    そういった状況の中で、今回広島での集中豪雨による大規模な土砂災害が起こってしまったわけですが・・・

    本当に残念でなりません・・・。
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2014/08/25 11:30
  • とり様コメントありがとうございます。

    恥ずかしながら、「乙原の滝」は知りませんでした( ̄∇ ̄;)

    今、慌てて調べてみたんですが・・・かなり立派な滝ですね!

    温泉街からそんなに離れてない場所にこれほど立派な滝があったとは驚きです ( ̄∇ ̄;)

    是非、今度行ってみますね(*^^*)

    ところで、滝の落差ですが・・・

    実は私も最初は「小さい」と表現していました。

    「落ちる差」ですので、おっしゃる通り「小さい・大きい」が正しいですよね。

    しかしながら、滝の落差を表現する場合「高い・低い」と表現されている方が多かったのと、私もその方が伝わりやすいと思ったので・・・日本語の使い方が適切ではなくお叱りを受けるかもしれませんが、今回はあえて「低い」という風に表現させていただきました m(__)m

    日本語はホントに難しいですね (T-T)

    それから、ワダ君は近々登場する予定です!v( ̄∇ ̄)

    おそらく9月中旬頃になると思いますが・・・是非ご期待下さい(*^^*)
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2014/08/25 12:22
  • まあっ!情報通で次期大分の観光大使と目される豊田さんが乙原の滝をご存じない!?
    青天の霹靂とは正にこのこと、重大事ですなぁ。(笑)
    暑い時期に行かれると多少は涼感を感じられていいですが、そこからさらに奥へと続く獣道は装備をしっかりしないと無理ですよ。

    件の日本語に関しては、そのような思いがあるのでしたらそれはそれでよろしいかと。
    よく巷で見かける「W」というアルファベットを使ってダブルと誤って読ませ、doubleの代わりにしているバカども(以下略)。

    ところで情報通の豊田さんにお尋ねしたいのですが、竹田津港のすぐ近くに「いけす料理 久美」という、外観がおどろおどろしげなお店があるのですが、現在営業されていますか?港へ見学に行ったついでに食事でもと思ったものですから(笑)
    投稿者: とり |2014/08/25 15:22
  • とり様コメントありがとうございます。

    以前にも申し上げましたが・・・私は決して情報通などではございません(汗)

    むしろ疎い方かと・・・( ̄∇ ̄;)

    なので、いろんな方にご協力いただきながら、毎週必至でご紹介させていただいてる次第です(T_T)

    ところで、乙原の滝までの道のりはそんなに険しいんですね!?

    てっきり、もう少し気軽に行ける場所にあるのかと思ってました・・・

    もうちょっと詳しく調べてみて、よく検討したいと思います( ̄∇ ̄;)

    それから、「いけす料理:食堂久美」さんの件についてですが・・・数年前にご主人が亡くなって以来、閉店しております。

    竹田津港周辺の食事処についてはお客様からのご要望も多いので、また今後少しづつご紹介させていただきますね(*^^*)
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2014/08/25 17:19
  • >そこからさらに奥へと続く獣道は装備をしっかりしないと無理

    「乙原の滝まで」は下駄は無謀ですがスニーカー程度で問題ありません。
    倒木があって道を塞いだり、足元が不安定な場所もありますが、女子供でもたやすくたどり着けると思います。
    その奥を進んで志高湖まで行くのはちょいと難儀だという話です。

    平日なら、ラク◯ンチの乙原側駐車場周辺(廃棄された大型遊具が放置されている)に置いても監視員もおらず咎められることはないでしょう。
    入口の場所にはきちんとした案内板が立っています。

    いけす料理久美はやはり閉店していたんですね。
    竹田津港のゆるキャラ美人お二人にお会いするだけで我慢するとしましょうか(笑)
    投稿者: とり |2014/08/25 20:00
  • とり様コメントありがとうございます。

    あ、そういう事だったんですね!

    いろいろと詳しく教えていただきまして本当にありがとうございました!(*^^*)

    今度時間が出来たら、是非チャレンジしてみたいと思います(*^^*)
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2014/08/25 21:01
▼ コメントの投稿
名前 必須

メールアドレス
※ メールアドレスは公開されません。
URL


コメント 必須 記号挿入

※ URLは自動的にリンクされます。

画像認証 必須
(半角)
※ お手数ですが、下の画像の中にある数字を上記へ入力してください。
画像認証
← 2019/08 →
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スタッフおすすめスポット
アーカイブ
RSS
あかねの郷・渓泉 選べる宿泊プラン レジャーパック くにさき六郷温泉「山翆荘」宿泊&フェリー往復パック