Top > スタッフブログ

スタッフブログ

詳細表示 リスト表示 検索

温泉が恋しい季節になりました♪〜part2〜

先週に比べて少し暖かさが戻り、ホッとしたのも束の間・・・再び寒波が!?

しかも、今季一番の寒波らしいです ( ̄∇ ̄;)タラ〜


暖冬の予報が出て安心してたんですが・・・そうはいっても、やっぱり冬は寒いんですよね (T-T)


とりあえず、しばらくは年末の大掃除そっちのけで、コタツムリ&ストーブの番人に徹しようかな ( ̄m ̄*)ヾ( ̄∇ ̄;)コラコラ



それでは本題に入りますね v( ̄∇ ̄)


こんなに寒いと恋しくなるのは、やっぱり温泉なんですよね〜♪


そこで今回も先々週に引き続き、温泉スポットをご紹介させていただきたいと思います (*^^*)


とはいっても・・・またも別府・湯布院じゃありません(笑)


コチラ ↓


竹田津港からお車で約15分。

豊後高田市夷にある『夷谷温泉』(えびすだにおんせん)です v( ̄∇ ̄)








1995年9月に開業した市営の日帰り温泉施設で、それほど規模は大きくないものの、長閑さと泉質良さで、地元はもちろん県内外からも多くの温泉ファンが通う人気の温泉なんですよ (*^^*)


深い山あい、ほぼ車でしか行けない立地という事もあり、「国東半島の秘湯」ともいわれています。


そんな夷谷温泉が・・・


実は、今月12月6日にリニューアルしたんです!ヾ(^o^)/


ご存じの方も、そうでない方も必見!

生まれ変わったばかりの夷谷温泉を詳しくご紹介させていただきますね! (^∇^d)


エントランスはコチラ ↓


景観&建物とマッチした暖簾がとってもオシャレですよね (*^^*)


内装も雰囲気が一変し、それまでとは比べ物にならないほどキレイになってました ↓





新築ならではの木の良い香りがします♪


もちろん休憩室も完備 ↓


温泉で癒された後にのんびりと過ごす事ができます。


また、曜日限定で手打ちそばも食べることができるそうです ↓

※年内は第2・第4土曜日(11:00〜14:00)。年明け以降はお問い合わせ下さい。



さて、それでは“本日の主役”をご紹介させていただきますね v( ̄∇ ̄)


コチラ ↓


広々とした浴室には、大浴場・気泡風呂・サウナ・水風呂があります。


夷谷温泉の一番の特徴といえばコレ ↓


茶褐色をした濁り湯


これぞ温泉!って感じですよね (^∇^d)


カルシウムやナトリウムが豊富に含まれているため、このような土色をしているそうです。


健康にも良く、湯治として利用される方も多いそうですよ。


そして今回のリニューアルで新設されたのがコチラ! ↓



待望の露天風呂です!!ヾ(^o^)/


自然石や樹木を活かした本格的な和風露天風呂で、美しい山々の景観を眺めながらゆったりと温泉に浸かれば、時が経つのも忘れそうですね(*^^*)





う〜ん、やっぱり露天風呂は最高♪ヽ(〃v〃)ノ


泉質は硫酸塩泉で、神経痛・関節痛・筋肉痛・きりきず・やけどなどに効果があるといわれています。


≪入浴料≫
■大人(中学生以上)…300円
■高齢者(70歳以上)…200円    
■子ども…100円
■幼児(就学前)…無料





夷谷温泉の魅力は、温泉だけじゃありません!v( ̄∇ ̄)


コチラ ↓

※駐車場からの眺め


周辺の景観です!ヾ(^o^)/


すぐ近くにある「一路一景公園展望所」からの眺め ↓






瀬戸内海国立公園内にある夷谷は国東半島髄一の景勝地として知られ、僧侶の修験道として有名な中山仙境がそびえたち、奇岩秀峰が連なる姿が同じ県内の景勝地「耶馬溪」に似ている事から「 夷耶馬」とも呼ばれています。





この圧巻の景色も夷谷温泉の大きな魅力なんですよ♪ (^∇^d)



というわけで・・・


○場所はコチラ ↓



○詳細&お問い合わせはコチラまで ↓

くにさき六郷温泉【夷谷温泉】

[場  所] 大分県豊後高田市夷1851-1
[電話番号] 0978-54-2995
[営業時間] 10:00〜22:00
[定 休 日] 第2・第4月曜


フェリーの待ち時間やドライブの途中、またトレッキングの後などにオススメ♪

皆様も機会があれば是非一度、竹田津港からほど近い場所にある秘湯「くにさき六郷温泉:夷谷温泉」を訪れてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)

[登録日] 2014/12/13 16:23 | 固定リンク | コメント(4)
  • ▼ コメント
  • この温泉は飲めるんですかね。
    確か真玉は飲めたと思うのですが・・・
    こちらの蕎麦は㈩割なんでしょうか?
    汁はどんな味なんだろう。真夜中ながらよだれが出そうです。
    投稿者: ポチョムキン |2014/12/15 00:08
  • ポチョムキン様コメントありがとうございます。

    温泉の飲用についてですが、さきほど夷谷温泉を管理する豊後高田市商工観光課の担当者の方に確認したところ、「現在は飲用出来ませんが、いずれ検査等の手続きを経て飲めるようにしたい」とおっしゃってました(^^)

    そして手打ちそばについてですが、十割ではなく「二八そば」だそうです。

    市内にある「そば道場」の講師をされてる方が打つ蕎麦ですので、かなり本格的な蕎麦が味わえると思いますよ(^^)v

    ちなみに、現在の第2・第4土曜日の営業日が、年明けに変更する予定だそうです。

    事前に営業日をご確認の上、もし機会があれば是非ご賞味下さい(^^)
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2014/12/15 14:59
  • えびすだに大好き
    2017の内に是非1泊で出かけます。
    投稿者: 手島半三 |2017/08/26 10:15
  • 手島さまコメントありがとうございます。

    夷谷温泉は、泉質も雰囲気もホントに素晴らしいですよね!

    私も大好きな温泉で、月に1度は必ず伺います!(*^-^*)

    国東半島を代表する名湯なので、是非これからも宜しくお願い致します♪
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2017/08/26 13:33
▼ コメントの投稿
名前 必須

メールアドレス
※ メールアドレスは公開されません。
URL


コメント 必須 記号挿入

※ URLは自動的にリンクされます。

画像認証 必須
(半角)
※ お手数ですが、下の画像の中にある数字を上記へ入力してください。
画像認証
← 2019/08 →
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スタッフおすすめスポット
アーカイブ
RSS
あかねの郷・渓泉 選べる宿泊プラン レジャーパック くにさき六郷温泉「山翆荘」宿泊&フェリー往復パック